平成28年8月1日17時9分に報知された緊急地震速報(キャンセル報)について

この度は、Ai-SYSTEMをご利用いただいております企業様に多大なるご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

現在、本誤報に関して、気象庁含め各所から情報収集を実施しております。詳細な原因等について、判明次第、皆さまへ情報展開させていただきたく存じます。

尚、現時点での誤報に関する状況につきまして、下記の通りご報告申し上げます。

1.本日(平成28年8月1日)17時9分に報気象庁より緊急地震速報が発報されました。震央は東京湾、マグニチュードは9.1、深さは10km、最大予測震度は7(第3報)との情報でした。弊社はこの緊急地震速報をそのままAi-SYSTEMご導入企業様に対し配信しました。マグニチュードが9と大変巨大な地震であったためにAi-SYSTEMご導入企業様の予想震度が大きく設定値を超え、緊急放送等が作動したケースもあったと推察されます。

2.緊急地震速報は第1報から第3報まで配信されましたが、その後、キャンセル報が配信され、誤報である事が確定しました。

3.今回の誤報は気象庁からの情報が誤報であった事に起因しております。誤報が発報された理由については気象庁よりまだ説明がなされておりません。情報が入り次第お知らせいたします。

4. 今回は緊急地震速報「予報」が発報されたために、各位に対して緊急地震速報が自動的に配信されました。一方、緊急地震速報「警報」については発報されなかったために、TVなどでは放送されませんでした。

本誤報に関する気象庁からの発表については、以下をご覧ください。

平成28年8月1日17時09分緊急地震速報(予報)について(気象業務支援センターからのお知らせ)

また、本誤報に関する発表状況は以下をご覧ください。

緊急地震速報(予報)の内容(気象庁HP)